リアウイング

お久しぶりです.B3米田です.
シェイクダウン以来の投稿です.

今朝はウイングを搭載して走行しました!
IMG_1534

これだけ大きなものがつくと,パッと見た印象が全然変わってきます.
ドライバーが乗った感覚はどうだったのかは…ドライバーが一番表現できると思うので
ドライバーのブログ更新まで待ちましょうか.

ではでは今日はこのあたりで失礼します(^^)/

活動報告

こんばんわ.

4月からフォーミュラ研究会で活動しているB1の花里です.

本日(19日)は早朝に走行会を行い,その後,車輛の整備やコストの製作など,各自に作業に入りました.
私は慣れないながらもCADの製作を行いました.

P1140325

なかなか自分の思うようにいかず,ネットで調べたり先輩方に聞いたりしながら,やっていました.
早くCADを上手く扱えるようになりたいものです.

さて,話は変わりますが,今日は日中かなり暑くなりました.
2週間後の大会は涼しくなるといいなぁ…
皆さんも熱中症にならないよう,お気を付け下さい.

初めまして星野です

はじめましてB1の星野匡史です.

今日の朝に,お盆明け初の走行会をしました.

僕にとってはとっても久しぶりの走行会参加だったので,今の車輛の状態を把握できる良い機会となりました.百聞は一見にしかずと言われるように,実際に車輛の走行を見ると学べることはたくさんあります.だから出来る限り早くF研の戦力になるためにも参加できる走行会には全て参加したいと思います.

大会まで残り二週間となりましたが,自分にはまだ終わらせなければならない仕事が残っているので迅速かつ丁寧に,大会まで頑張っていきたいです.

活動報告

初めましてB1の田尻です.
ブログを書くというのは初めてで,少し困惑しています.
11日,12日に走行会を行いました.
夏真っ只中ですが,台風の影響もあってか過ごしやすい気温の中行うことができました.
しかし油断は禁物.
水分をしっかりとって熱中症に気を付けたいと思います.
P1140292
作業のほうは17日(日)にタカスサーキットで行われる走行会に向けて滞りなく進んでいます.
このまま何事もなく車輌を完成させることができるといいのですが…
さて,誠に勝手ですが17日までお盆休みということでブログのほうをお休みさせていただきます.
それでは.

初めまして岡村です.

初めまして,B1の岡村です.
今回ブログ更新を担当させて頂きます.

P1140045

私はボール盤を使ってボルトにワイヤーロック用の穴をあける
という作業をしていました.
この作業は慣れている人がするとあまり時間はかからないのですが,
私はまだボール盤を使うことに慣れていないので,
ボルトの位置を合わせたりドリルを折らないように力を加えたり
ということに時間を取られてしまいました.もっと素早くできるようになりたいです.

また,今日は早朝に走行会をする予定だったのですが,
台風の影響によって中止となってしまいました.
大会まで残りわずかとなった今,
走行会を行えなくて残念です.
しかし文句ばかり言っても仕方がないので,
できることをしていきたいと思います.

私はまだ知識も技術も足りてませんが,
これから学んでいきたいと思うので,
これからもよろしくお願いします.

初めまして寺澤です.

初めましてB1の寺澤です.

IMG_1463

現在はサスペンション班に入ろうと考えています,

同じくB1の星野が今日のブログ担当だったのですが
僕に押し付けて先に帰ってしまったため今回書いています.

金沢は最近雨が多くなかなか走行会ができません.
今日は台風が来ており雨はそれほどでもないですが風が強いです.
僕は東海地方の出身なので金沢での台風は初めてでしたが
やはり台風のとき吹く生暖かい風はどちらも一緒でいやです.

そのため,車輛の整備,部品の製作などを主に行っています.
昨日はステアリングのシャフト周辺の接着剤での固定をしましたが
接着材の配合などが経験の少ないことだったので難しかったです.

後,大会まで20日ぐらいですががんばってやりたいです.

近況報告

ひさびさの更新になり申し訳ございません.
WEB管理をしておりますB2の島です.

近頃のF研は夏休みに入ったこともあり,
とにかく走って走って走る!!!!という感じで,
残り一か月もない大会に向けて毎日活動しております.

今年度は新たなデバイスも搭載して去年とは大きく異なる車輌となりました.
チームにとっても,もちろん僕にとっても「初めて」の試みが多いので,
不安なことも盛り沢山ですが大会まで頑張ります!!

さて,大会まで残り少ないですが,
今日から大会までほぼ毎日(!)F研の近況を更新していきますので
よろしくお願いします.お楽しみに!

Kanazawa Univ. Formula R&D all rights reserved